占術:透視・透聴能力※視えないものを視る力、聞くちから

透視能力

当たる電話占い体験談透視能力

透視とは目で見るものではなく、第三の目と呼ばれている第6チャクラ(チャクラの詳細はこちら)眉間の間辺りのエネルギーを使って視ます。

この場合、視覚的に見ると漢字が違うのが分かります。エネルギーでみている場合は意図的に「視る」を使っている人が多いです。

透視能力は日常的な感覚では感知されない物体や出来事を視ることができる能力のことを指しています。

このエネルギーを使っている人は視覚で見ていないので、一般的には目をつむっています。

よく、まぶたの裏側で視ているように考えている人がいますが、これは間違いですよ。イメージです。

占い師によって感覚はさまざまあると思いますので、一般的に言われていることを書きますね。

・その時の場面が視える

行ったことのない場所、居るはずのない場所であってもその場面を詳細に視ることができます。

視ながら高次元の存在が必要なことを伝えてくることもありますし、その場面の詳細だけを伝える必要があります。

それは相談者が何を聞きたいかにもよります。

海外ではこの能力を使って事件を解決に導いている人たちがいます。(日本はまだ柔軟性が足りないですね。。。)

・開く前のドアの向こうが分かる

開く前にドアの向こうに立っている人の洋服が分かったりします。

実はこの能力は筋肉と一緒で鍛えることができるので、使ってみると面白いかもしれませんよ。

・オーラが視える

人間はカラダの周りをオーラで囲んでいます。オーラの色は変化をしています。(故意に変化させることもできます)

このオーラの色を読み取ることが出来ます。

・相手の思考が読み取れる

離れたところに居る人でも相手の思考を読み取ることができます。

いつもこの状態だと疲れるので、能力者の方はコントロールしている人が多いです。

・体内を視ることができる

CTスキャンのように読み取る(リーディング)ことができます。内臓がそのまま視える場合もあれば、疑似的なもので視える時もあります。

体内を視るのは体調が悪い人だけでなく、感情は臓器に隠れていることがあるので、その感情を浄化するときにも利用します。

透聴能力

耳で聞こえる聴力とは別に音や声を聞き取る能力のことを透聴能力といいます。

位置的には両耳の上辺りのエネルギーを使って行います。

透聴能力はどんなことが聞けるのでしょうか?

・高次元の存在のメッセージが聞こえる

目に見えない存在、守護天使などからメッセージを聞けます。音はないですが、声だけが聴こえる感覚です。

・透視したことをメッセージで受け取る

透視能力と協力して使う方法ですが、透視した内容を透聴で聞き取る形です。

こちらにも高次元の存在からのメッセージやその時に感じていた感情なども聞き取ることが出来ます。

特殊じゃない超能力

今までは特殊な人だけが持つとされていた超能力ですが、今は地球自体がアセンションしているので、住んでいる私たちも活性化されています。

今までは使わなかった能力がドンドン開花されてきています。

あなたの周りでも普通の人がある日急にサイキックに変化するってことが日常茶飯事になってきますよ。